勉強

突然辞めたくなる!看護師の悩み燃え尽き症候群

看護師の悩み燃え尽き症候群

燃え尽き(症候群)」、別名「バーンアウト(シンドローム)」。

看護師にはつきものの現象だと言われて久しい。

ただし、一度は仕事に燃え上がった人でなければ燃え尽きることはない。なぜ「燃えた」ほどの人が「尽き」なければならなかったのかを思うと、「燃え尽き」という字面にどうしょうもないやるせなさを感じるからだ。

あなたは、そうは思わないだろうか?

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

私が養豚業から看護師の仕事探しでヒッピークラックを感じた訳

養豚業から看護師になった

看護師になる前に、私は動物飼育業に就いていた。私が行っていた動物飼育業は養豚であり、無菌豚を繁殖させる仕事であった。

動物を飼育するということは毎日のように動物に触れ、とても充実した日々を送れると思っていた。

ところが、子豚たちの中には、正常に生まれてこなかったり、うまく育たない子豚もいる。

経営面から考えると、そのような子豚の間引きも必要となる。動物に触れながらの仕事であったが、人間の手でいのちを奪わなくてほならない場面もあった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

看護師勤務体制から学ぶ心身の疲労回復の9原則

看護師勤務体制からくる心身の疲労

私たちの身体が、体内時計とも呼ばれるサーカティアンリズム(概日リズム)によって、活動と休息とを繰り返していることはよく知られている。

病院勤務の看護師のように、勤務交代制によって生活が不規則になりがちな仕事は、サーカティアンリズムが崩れやすいので、さまざまな危険にさらされることになる。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

看護専門職に悲鳴をあげないための看護社会化現象

看護専門職への社会化過程は、複数の研究者によって段階モデル(どのような段階を経て社会化がなされているのかを示すモデル)が提唱されている。

このごく単純に教育を通じてなされる社会化と、仕事を通じてなされる社会化の2種類があることをご存知だろうか。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新人看護師勉強のためのプリセプターシップ

勉強する看護師(ナース)

平成12年度の日本看護協会「看護職員需給状況調査」によれば、回答を寄せた3,286施設のうち、1,763施設(53.7%)でプリセプター制度が導入されている。また、300床以上の病院を対象にしたある調査では、回答を寄せた747病院のうち655病院(87.7%)でプリセプターシップが採用されていると報告している。

これらの報告にみられる高比率から、日本の病院でいかにプリセプターシップが定着しているかが容易に想像できる。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0