看護専門職に悲鳴をあげないための看護社会化現象

看護専門職への社会化過程は、複数の研究者によって段階モデル(どのような段階を経て社会化がなされているのかを示すモデル)が提唱されている。

このごく単純に教育を通じてなされる社会化と、仕事を通じてなされる社会化の2種類があることをご存知だろうか。

続きを読む

新人看護師勉強のためのプリセプターシップ

勉強する看護師(ナース)

平成12年度の日本看護協会「看護職員需給状況調査」によれば、回答を寄せた3,286施設のうち、1,763施設(53.7%)でプリセプター制度が導入されている。また、300床以上の病院を対象にしたある調査では、回答を寄せた747病院のうち655病院(87.7%)でプリセプターシップが採用されていると報告している。

これらの報告にみられる高比率から、日本の病院でいかにプリセプターシップが定着しているかが容易に想像できる。

続きを読む

看護師はリアリティショックをなぜ受けるのか

リアリティショックを看護師は受けるのか

ある時期、大学に勤務し学生の就職担当をしていた。そのせいか、卒業後もキャリア上のことで相談があると連絡してくる人たちがかなりいた。

これまでいろんな相談にのってきたが特に気になるのは、就職して2、3カ月のうちに身体症状や精神症状、あるいはその両方を呈していると言ってきた卒業生だ。

続きを読む

看護師さん必見!患者さんとの信頼関係を築くための具体的な事例と解決策

患者との信頼関係

ナースが患者に対して非主張的になるのはどのようなときでしょうか。また、ナースが非主張的になると、どのような事態に陥るのでしょうか。

全般的に、ナースは、すぐに怒鳴る患者、一方的に権利を主張する患者、ナースに何かと文句を言う患者に対して、非主張的になる傾向があるようです。

続きを読む

看護師の社会的イメージ

看護師の社会的イメージ

これまで、何人もの看護師や学生に「なぜ看護師を選んだのか」という職業選択動機を聞き調べた。アンケートをする機会は、キャリア研究のデータ収集や入学試験の面接という公の場、あるいは懇親会などの非公式の場など様々な場においてだ。

100人いれば、100通りの答がありそうならのだが、だいたい決まったパターンに分けられる。代表的な例は、手に職をつけたい、母親が看護師で、やりがいがある様子を見て育った、人の世話をするのが好き、家族や親戚が入院したときの看護師の対応をみて、いい職業だと思った、というものだ。それぞれ、もっともな動機である。

続きを読む

看護師にとっての仕事の価値とは

看護師のキャリア論

「看護師になる」という響きは、世間一般には、あたかもその人のキャリア選択は終了したかのように聞こえるようだ。
看護師は、高校卒業後に専門の教育を受け、国家試験に合格することが求められている。それだけの時間とエネルギーをかけた結果、「看護師になる」ことは、着陸地点に到達したかのように思われるのだろう。

だが、看護師になることは、看護師を志した者にとっては入り口にしか過ぎず、そこから先をどのように歩むかは、他の仕事に就いた人と同じように悩ましい問題である。これまでは、入職後数年して辞める人が比較的多かったために、残った人たちの中で、人望が厚くて優秀な人が主任、そして師長へと管理職のコースにのっていくことがキャリア・パス(どのようなキャリアを歩むのかという経路)の典型であった。

続きを読む

看護師にとってのキャリア

看護師にとってのキャリア

キャリアを英語類語辞典でひくと、経歴、疾走、出世、生涯、職業、人生、速力、履歴にまつわる単語が現われる。

まさにキャリアを考える上でのキーワードが並んだ感があるが、もう少し整理を進めるために「HALL(2002)」がまとめたキャリアの4つの考え方を紹介したい。

続きを読む